初期と最新iPhoneの違いや進化について解説します。

初代iPhone比較

今でこそ数多くのユーザーから支持を得て、その便利さが賞賛されているiPhone端末ですが、スマートフォンとして初めて世界に生み出された当初は、現在発売されている最新型iPhone端末とは大きな違いがありました。iPhoneにおなじみのホームボタンと、ツルリとした表面液晶、それからタッチパネルを利用した直観的なユーザーインターフェースは初代からあまり目立った変化がありませんが、できることの幅やユーザーによる自由度の高さ、カスタマイズ性がまるで違いました。まず初代iPhoneは、今のようにapp storeを利用して自由にアプリケーションをダウンロードやインストールをすることはできませんでした。そもそもapp storeの存在自体がなかったため、購入したときに最初からダウンロードされていたアプリケーション以外は利用できなかったのです。

他にも現在のiPhoneユーザーが当たり前のように利用している機能の多くは、初代iPhoneには搭載されていません。例えばBluetooth機能によるワイヤレスイヤホンやキーボードの接続はできませんでしたし、GPS機能も初代にはなかったため、地図アプリを開いてiPhoneに道案内を任せるといった使い方もできませんでした。カメラの性能や伝播速度もまるで違うため、今のiPhone端末に慣れ親しんでいる人であれば、初代iPhoneを触ってびっくりする点が多いでしょう。初代iPhoneが発売された2007年から今まで、十年以上もの年月を経て進化し続けているiPhone端末を、初代と近年の新しい端末を比較して、その歴史を振り返ってみましょう。


↓管理人参考サイト↓
初代iPhoneから進化した点といえば、iPhoneのバッテリーもあげられます。バッテリー持ちが良くなり便利になりましたが、使い続けると不具合も出てきますので気を付けましょう ≫ iPhone バッテリー

LINKS