初期と最新iPhoneの違いや進化について解説します。

バッテリーの持ち

初代iPhoneと近年のiPhone端末を比較してみると、電池の持続力にも大きな差が見られます。初代iPhoneの方が今のiPhoneよりも圧倒的にできることが少なく、そもそも入れられるアプリ自体が少なかったのは事実ですが、初代よりもたくさんのアプリを入れて長時間稼働している現在のiPhoneの方が、バッテリーは長持ちします。まずiPhone端末に搭載されているバッテリー容量ですが、初代iPhoneが1400mAhだったのに対し、iPhone11proになってからは3046mAhへと変化しています。バッテリー容量だけ見れば倍以上の進化を遂げていることがわかります。

最新式になるほどiPhoneはどんどんバッテリー容量が増しているため、連続して利用できる時間も長くなっています。バッテリー容量と本体端末のスペックなどを考慮してバッテリーの持ち時間を考えると、初代は音楽を聴くために使えば24時間とされていたのに対し、iPhone11proでは音楽を聴くために使うことで65時間も持つとされています。さらに初代iPhone発売当初と比べれば、モバイルバッテリーの普及している今、外出先で長時間iPhoneを使用しやすくなっていると言えるでしょう。

LINKS